特許権資本化制度を活用した韓国進出支援サービスを開始

更新日 : 2017/2/20
 株式会社ライブリッツ・アンド・カンパニー(http://www.lybritz.com、東京都千代田区)は、平成29年2月20日、業務提携している韓国の経営コンサルティング会社、株式会社中央経営研究所(http://www.bizmc.co.kr)と協働して、研究開発型・技術開発型中小企業の韓国進出支援を、共同で展開していくことを発表します。
 
 具体的には、韓国の特許権の資本化制度を活用、現物出資または第三者割当増資により、会社設立や現地企業への経営参画を支援します。知財を活用した新たな経営戦略を策定し、アジア展開の足掛かりを作ることでクライアントの新たな事業展開を支援していくものです。
 
 韓国での特許出願と特許権の資本化手続きについては、株式会社中央経営研究所が担当、経営戦略と知財戦略の策定は、ライブリッツ・アンド・カンパニーと中央経営研究所のコンサルタントが協働で担当プロジェクトチームを発足、自社が保有している知財権の模倣リスクを回避しながら、日韓一気通貫のサービスで、迅速かつ安全に韓国進出を実現します。

本件に関する問い合わせこちらからお願いいます。

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>